Q&A 患者様からのよくあるご質問集

ここでは患者様から寄せられるご質問を一覧にまとめてみました。
歯は全身の健康のためにとても大切なものです。お悩みの方はお気軽にご相談ください。

歯周病治療

歯周病ってどんな病気?

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯周組織(歯ぐき・歯根膜・歯槽骨・セメント質)に細菌が溜まり、歯肉の周辺が炎症を起こして赤くなったり、腫れたりします。

関連:一般歯科治療

なぜ歯周病になるの?

歯周病は自覚症状があまりありません。
よって、だんだんとプラークがたまり始め、出血し始めます。そのうち膿が出るようになり少しずつ歯が揺れ始めます。成人の8割が歯周病にかかっている原因の1つに、正しい歯磨きをしていないことがあげられます。
歯科医院でご自分に合った正しい歯磨き方法を教わりましょう。

どうすれば歯周病を防げるの?

3~6ヶ月に一度の定期検診を心がければ、歯周病は防げます。
当院では、何度も歯の治療をしなくても済む様に、予防歯科を徹底しております。

関連:予防歯科治療

口臭の原因は歯周病?

口臭の90%は口の中の病気と不衛生が原因です。
歯周病の方は、多くの場合、口の中の清掃状態が悪いので、それも口臭の原因と考えらます。

関連:審美歯科治療予防歯科治療

顎関節症治療

顎関節とは?

顎関節とは、食事や会話をする時に常に動いている下顎の関節です。手で触ってみると場所がわかります。この顎の関節の病気が顎関節症です。

顎関節症ってどういう病気?

顎関節症には、いろいろな症状があります。
詳しくは一般歯科治療のページをご確認ください。

関連:一般歯科治療顎関節症

どういう人が顎関節症になりやすい?

特に仕事でパソコンを使ったり、デスクワークや細かい作業で下を向くことが多い方は顎を噛みしめることが多く、顎関節症になる危険性が高くなります。

口腔外科治療

口腔外科とは?

口腔外科とは、口の中だけに限らず、周囲の隣接する組織に起こる疾患 の治療を行なう歯科診療分野です。疾患によっては外来での治療にとどまらず、手術室あるいは入院施設を応用して治療を行なっています。

口腔外科で扱う疾患とは?

口腔外科で取り扱う疾患は、智歯(親知らず)などが原因で歯茎や顎が腫れる炎症、転倒などによる歯の破折や口の中の裂傷、顎の骨折などの外傷、口の 粘膜などに発生する良性および悪性腫瘍、顎の中や軟組織にできる嚢胞、唇顎口蓋裂などの先天異常、顎の矯正治療だけでは治 らない顎変形症、口腔粘膜疾患、入れ歯の維持安定性をたかめる補綴前外科、インプラント、歯牙移植、顎関節症、口に中に症状を表す全身疾患(血液疾患、膠原病など)など多種多様です。

関連:一般歯科治療インプラント治療審美歯科治療

歯内療法

歯内療法とは、どの様な治療ですか?

「歯内療法」とは、歯の中の神経の処置や、根の先にできた病巣の治療で、「根管治療」 とも呼ばれています。
毛呂歯科医院ではラバーダム防湿を行なっております。

関連:一般歯科治療

根管治療の治療時間と通院回数は?

口腔状況や病状によって異なりますが、診療時間は1回30 ~90分くらいです。
通院回数は、平均して2~5回の通院が必要です。

根管治療は痛みがともなう事がありますか?

痛みがともなう事もありますが、もちろん痛みのないように配慮して治療を行ないます。

治療したら長持ちしますか?

治療に用いた材料は長期間変化しませんが、詰め物、被せ物の変化、噛み合わせや歯周病の具合によってはまれに再治療することがあります。したがって、治療後は歯と歯肉を清潔に保ち、噛み合わせのバランスを保つことが大切です。このためには、日頃の適切な口腔衛生習慣と歯科医師による定期検診が有効です。

関連:審美歯科治療予防歯科治療

矯正歯科治療

矯正歯科とは?

歯列咬合などの異常を修整し、虫歯になりにくい口腔環境を作り出し、機能の改善をはかるのが矯正歯科です。また、審美的な回復により、口元のコンプレックスを取り除くことができます。

関連:矯正歯科治療

矯正はいつ頃から始めるのが良いですか?大人になると矯正は出来ませんか?

大人でも矯正治療は可能です。 開始時期は、歯並びや骨格によって変わりますが、反対咬合(噛み合わせが逆になっている)や交差咬合(噛み合わせがずれている)など早いうちから治療すれば、成人後に複雑な装置や手術が必要なくなる可能性があります。歯並びで気になっている点があれば、早めにご相談ください。

矯正治療期間・来院について教えてください。

治療の期間は、歯並びや骨格、治療開始の時期、抜歯か非抜歯か、装置など、個人差がありますが、平均約2年です。詳しくは、治療相談の後に、検査(レントゲン・写真・模型など)を行ない、その結果をもとに治療計画を立てて、説明させていただきます。 最初の装置が入るまで2~3回続けて来院が必要となることがありますが、その後は、毎月1回の来院で、ワイヤーや装置の調整をしていくことになります。

矯正装置にはどのような種類がありますか?

装置には、取り外しの装置や、歯に直接つける装置があります。どのような装置が適しているかは、検査をした上で判断します。

関連:矯正歯科治療

矯正治療の注意点は?

矯正治療中には、歯磨きしにくくなったり、痛みを伴ったりすることがあります。今まで以上に歯磨きに気を使っていただくなど、患者様自身のご協力も大切な治療の一部です。

費用はどのくらいかかりますか?

矯正治療は保険適用外です。(骨格性の異常、障害など特殊な場合を除きます)
当院では、部分的な矯正は約10万円~、全体的な矯正は約80万円~で行なっています。
詳しくは、お口の状態、治療計画によって変わるので、まずは初期相談にご来院ください。

関連:当院での診療の流れ