毛呂歯科医院 厚生労働大臣認定臨床研修施設

TEL 0120-145-118

EPARK歯科 予約はコチラ

矯正歯科

HOME»  矯正歯科

出っ歯、受け口、八重歯など、歯並びで気になるところはありませんか?
矯正治療で歯並びを改善すると、美しい口元が手に入るだけでなく、身体にもさまざまな良い影響をもたらします。
発音が改善され、よく噛めるようになることで胃腸への負担が減ります。
また、歯磨きしやすくなるため、虫歯や歯周病のリスクも減少します。

毛呂⻭科医院 2018年 矯正治療日程表

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
7日
28日
4日
25日
4日
25日
8日
22日
13日
27日
3日
24日
8日
29日
5日
26日
2日
30日
14日
28日
11日
25日
16日
23日

診療時間 10:30~6:30 (⽇曜日のみ) ※矯正初診料 3,000円

矯正治療を開始する目安

一般的に、矯正治療は早く始めるほど、歯の萌出や骨格の成長に合わせて理想的な治療結果を得ることができます。治療を遅く始めると、骨や骨格に合う範囲での治療しかできなくなります。
そこに、早期治療と後期治療に分けた二期分割治療の意味があります。

こどもの矯正(小児矯正)

小児矯正とは、幼少期に行う矯正治療のことです。 歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、幼少期から矯正治療を行なうことによって、より理想的な治療を行なうことができます。 大人は顎の骨の成長が終わっているため歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、子どもは成長段階にあり顎の成長をコントロールしながら矯正を行なうことができます。

メリット
  • 大人になってから矯正治療を行なう必要がなくなる場合がある
  • 顎の成長をコントロールできるので、良好な治療結果を得られやすい
  • 抜歯の確率が低くなる
  • 大人になり再度矯正治療を行っても、治療期間が短く、良好な結果を得られやすい
  • 矯正期間中は1~2ヵ月に1回通院するので、その時に虫歯の予防治療ができる
デメリット
  • 小児矯正は、顎の骨の成長が終わるまで経過観察の必要があり、矯正期間が長くなる
  • 矯正期間中、矯正装置が見えるなど見た目が悪くなる。
  • 矯正中は虫歯になりやすくなるので、注意深く歯のケアを行なう必要がある
  • 矯正治療によって歯根吸収(歯の根っこが溶けてしまうこと)が起こることがある

大人の矯正(成人矯正)

大人の矯正治療の大きな目的のひとつは、審美的な改善であり、出っ歯、受け口、八重歯などを改善するために治療を始められる方が多くいらっしゃいます。 小児矯正は、本人の希望よりも保護者の希望(両親)が優先されることが多く、成長期の良い時期に矯正治療を始めても、治療の進行が滞る場合があります。 しかし、自分の意志で行なう大人の歯列矯正治療は、歯磨きや装置の手入れなどに気を配ることができ、口の中を良好な状態に保てるので、効率的に治療が進みます。

審美的な面での改善

大人の矯正治療をご検討される方の多くは、以前からのコンプレックスをおもちの方だと思われます。これまでの自分と決別し、口元を気にすることなく笑える、前向きな自分に変わりたいという方には、歯列矯正治療は大変お勧めできます。

噛み合わせの改善

大人の歯列矯正治療は、外見の変化が大きな目的ですが、実際には、もっと重要なことがあります。それが「噛み合わせの改善」です。良い噛み合わせを「正常咬合(せいじょうこうごう)」、悪い噛み合わせを「不正咬合(ふせいこうごう)」と言いますが、不正咬合を改善しないと頭痛、肩こり、腰痛、膝痛など全身の至るところに影響があると言われています。また歯並びが良くなると、今までは歯ブラシが届かなかったところまで、きちんと磨けるようになり、虫歯や歯周病の予防をしやすくなります。さらに、食べ物をよく噛んで食べられるので、消化や吸収を助け、内面からも健康になります。

装置の種類

表側矯正

最も一般的な矯正方法で、歯の表側に装置を取り付け、ワイヤーで固定し、ワイヤーの弾力を利用して歯並びを整えます。
装置は金属製のものだけでなく、プラスチックやセラミック製の透明で目立たない色のものもあります。

舌側矯正

歯の裏側(舌がある側に)装置を取り付け、ワイヤーで固定する方法、裏側矯正、リンガル矯正ともいいます。 表側から装置が見えることがほとんどないため、見た目が気になる方に適しています。

ハーフリンガル

上顎の歯は裏側に、下顎の歯は表側に装置を取り付ける方法です。 見えやすい上顎の歯だけ裏側に装置を取り付けることで、目立ちにくくなります。 また、すべて裏側で治療する場合よりも費用を抑えられます。

マウスピース矯正

薄く透明なマウスピースを使用する方法です。マウスピースは歯並びの改善具合に合わせてその都度作製し、それを繰り返して歯を動かしていきます。装着していても周りの人に気付かれにくく、お口の中の違和感や痛みもほとんどありません。

インプラント矯正

ワイヤーを使った矯正治療と併用して、治療期間を短縮させる方法、矯正用のミニインプラントを顎の骨に埋め込み、ワイヤーの固定源として利用することで、短期間で歯を動かす方法です。一般的な矯正治療の場合、歯を動かすための固定源も歯なので、予定以外の歯が動いてしまうことがあります。一方、顎の骨に埋めこんだミニインプラントは動かないため、固定源とすることで短期間で効率よく歯を動かすことができます。

PAGE TOP